【お知らせ】 (通常記事はこの下です。)
ぷちろ~ぐ始めました。
ちっちゃいブログサービスです。
ぷちろ~ぐ

【カコの企画など】
帰ってきた24Hブログ - Saint Night はフィーバーしナイト! -
12月22日~23日 ⇒ 24Hブログ会場
24Hブログ - 愛はブログを救う? -
2007年9月1日~2日 ⇒ 最後の記事 ⇒ 総合案内所
心理テスト作りました。
ブロガーコラボですごい心理テストを作りました。
プライド判定心理テスト - あなたはぬらりひょん? それとも ざしきわらし?
【ペースト版ぷちろ~ぐ】
人気ブログランキングFC2ブログランキング
※ ご褒美をあげると悦びます。

 スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最後の温戦 第4話 最初の犠牲者

カテゴリ: 最後の温戦
宝子田さんを探す旅に出ることになった9人。

それにしてももう深夜の1時。
手がかりもないですし、そもそも、探すとはいっても交通機関もありません。

皆が困った顔をしていると、マルコが突然言いました。

「今日の温泉、いつもと違いがなかったかしら?」

千が手を挙げてそれに答えました。
「マルコさん、、、」


「マルコさんなんて堅苦しいわ。私のことはマルりんって呼んで欲しいの。」


「マルりんさん、、」


「マルりんに"さん"は不要よ。"りん"が既に敬称なんですから、敬称が2つつくのは可笑しいもの。」


千は礼儀正しい性格だったので、初対面の人には本当は"さん"付けで呼びたいなぁと思いつつ、仕方がないのでマルりんと呼ぶことにしました。


「マルりん、、そういえば、いつもと比べると温泉の白濁が少し薄かった気がするの。」


「そういえば・・。」
皆も頷きます。


マルコが続けます。
「そう、あの白濁色は、宝子田さんが毎日秘密のエキスを入れて作ってるんだって聞いたことがあるの。

そして、宝子田さんがそのエキスを入れるのは毎日夕方3時頃って聞いたわ。」



「ということは、宝子田さんは毎日その時間頃にエキスを作ってるってことかしら。」
まさこが感心したようにいいます。


「毎日とはすごいな。誰かから貰っているということはないか?」
と瑠知男。


「僕が思うに、温泉の味はいつも均一で、新鮮で、どこでも味わったこと味だかから、宝子田さんが独自に開発している秘伝のエキスなんだと思う。」
とちち。


「温泉、飲んでるの?」
「温泉、飲んでるの?」
と双子のミツとチーが口を揃えてびっくりしたようにいいます。


「温泉は、普通飲むだろう。」
と女スナイパー黒沢がクールに言うと、


「私なんてこっそりもって帰って会社でも飲んでるわよ。肌がツルツルになるような気がするのよね。」
と、ともが笑いながらいいます。


再びマルコが口を開きました。
「そうそう、温泉、意外に美味しいのよね、

・・って、そういうことではなくて。
いい?宝子田さんは毎日秘密のエキスを作るのが日課なの。
そして宝子田さんがその大事なエキスを入れ忘れるとは考えにくいから、
少なくとも3時の時点では宝子田さんはここにはいなかったことになる。



みんな。ここから、よく聞いて。」

ここまで話して、マルコは話を止めました。


「・・い、いけない。」


苦悶の表情を浮かべるマルコ。


「ち、ちょっと、マルりんさん・・、あ、いや、マルりん、あなた体が透けてきてるわよ!」


千がそう言うと、マルコが息絶え絶えに答えます。


「ハアハア

て、転送が始まっちゃったみたい。
残念だけど、私はもうここにはいられないわ。
宝子田さんがどこに行ったか、大体想像はついていたんだけどね。

ハアハア


・・私も知りすぎたってことかしら・・。」


マルコの体はどんどん透明になってきて、声もどんどん小さくなってきます。


「ど、どういうこと?!」


千が問いかけたときには、マルコの体はほとんど見えなくなっていました。


「あのエキスの正体は・・・・・」


マルコは最後にみんなに大事な何かを伝えようとしていましたが、
その肝心の部分はもう声が小さすぎて誰も聞き取ることができませんでした。

今、マルコがみんなの目の前で完全に消えました。
残された8人は呆然と立ち尽くすしかありませんでした。


(続く)

次号、立ち尽くすみんなの前に立ちそびえる2つの棒。(ちょっと嘘。)

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

Comment

…!?
きゃ~消えちゃった~!

復活できるのを楽しみにしてます(涙)

マルコには大事な役割があるからいずれ物語には復活しますよ(笑

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。