【お知らせ】 (通常記事はこの下です。)
ぷちろ~ぐ始めました。
ちっちゃいブログサービスです。
ぷちろ~ぐ

【カコの企画など】
帰ってきた24Hブログ - Saint Night はフィーバーしナイト! -
12月22日~23日 ⇒ 24Hブログ会場
24Hブログ - 愛はブログを救う? -
2007年9月1日~2日 ⇒ 最後の記事 ⇒ 総合案内所
心理テスト作りました。
ブロガーコラボですごい心理テストを作りました。
プライド判定心理テスト - あなたはぬらりひょん? それとも ざしきわらし?
【ペースト版ぷちろ~ぐ】
人気ブログランキングFC2ブログランキング
※ ご褒美をあげると悦びます。

 スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 バレンタインにまつわる都市伝説

カテゴリ: アホアホ王国
こんばんは。アホアホ王国の国王のぽこ王です。2月もはや約1週間が過ぎました。ちょっとプチ引きこもってるうちにもうすぐバレンタインが迫ってきてます。

バレンタインといえば、思いつくのは、女の子が好きな男の子にもじもじしながらうつむき加減で手袋の手をさっと差し出して「は、はい」って言うやいなや、小さい綺麗な包み箱だけ置き去りにして駆け足で向こうにいっちゃう、あのイベントですよね。


ま、


都市伝説ですが。



男の子の立場からすれば、朝靴箱にいくつ入ってたとか、昼休みに体育館裏に呼ばれていってみたら上記のような現象に遭遇したとか、都合5回は似たような現象に遭遇したとか、いや、10回だとか、どうとか、数の多寡により男の価値が決まるみたいな、そんなイベントですよね。


ま、それも、


都市伝説ですが。


ま、たかがバレンタインですよ。しょせんは都市伝説ですから、当日は僕、仕事で遅いですし、仕事先はほとんど男だらけの職場ですし、ほら、今さらね、チョコいっぱい食ってニキビとかできても嫌ですしね。だもんで、別にバレンタインだなんだなんて言わないです。僕は。


と、いうわけで、アホアホ王国では、現在のところ、バレンタインは実際の存在が疑われる、極めて未確認飛行物体的なイベントと考えられています。なので、あなたが聞いたバレンタインにまつわる都市伝説があったら僕に教えてください。

例:
毎年申告してるチョコの数は、実はすべて保険屋さんから貰ったチョコの数である。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

※ もし都市伝説を知ってたらコメ欄で教えてください。
※ なお、ここではあくまでも都市伝説を募集いたしますので、事実かどうかの認定は行わないものとします。

⇒ 関連企画:潮吹いてしまえ企画 (あれ?ちょっと違った?)


スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

Comment

本命チョコを渡した相手は自分以外の女の子と付き合う。
お返しは本命チョコは2倍、義理チョコは5倍にしないといけない。

なんて所ですかね。私が聞いたのは(自分じゃない所がミソ)

お返しにもらえたのが、
チョコレートだと両思い、
それ以外(クッキーとか)だと、ごめんなさい、
だというのを、聞いたことがあります。

バレンタインの都市伝説

手作りチョコレートの中にギョーザを入れると

本命の相手はイチコロ・・・・・別の意味で。v-282

バレンタインに夢も希望も抱かなくなったしょっぱい国民は
伯方の塩のリズムでこの日をやりすごす。

ま、都市伝説ですが。

ええっと
チョコを下駄箱に入れておくと
足の匂いがついてしまい、食べてもらえなくなる。


都市伝説、というより一般論?
ぽこたんにもチョコ、送ります。
タッパに入れて、送ります、はい。

アイドル宛てに事務所や放送局に届いたチョコは、怪しい毛を煎じたものが入っている恐れがあったりするので、全て処分される。

あ、これは、実際に勤めていた姉から聞いた本当の話だ。

チョコを持って、彼の家に行ったら他の女がいて
チョコと合鍵を渡す羽目になった。

ま、
都市伝説ですが。

旦那が会社でもらってきたチョコレートは
妻や子供がおいしくいただく♪

バレンタインの都市伝説

チョコレート100枚買ってベルマークを会社に送ると・・・

アダム徳永が現れ
Gスポットを超える究極のAGスポットを 直々に教えてもらえる 。

「愛撫の基本は恥骨へのバイブレーションです」と言って。

あれ、これ「ことわザッ!!」にも書いたな!?

本命チョコを作ろうとして
味見をし出したら止まらなくなり
本命チョコは無となり消え果る。

結婚して5年目にしてバレンタインチョコを作る気をなくす嫁。

やる気喪失の為、今年だけ勘弁してもらいます。
来年は作るよ(多分)
去年はブログでプレゼント企画までやったんだけどな~
来年またがんばろうっと。

結婚すると年々バレンタインデーの影が薄くなる。
ガテン系の職場では女っ気がないため「バレンタインデー?何それ!?食えるの!?」なんて反応をされるらしい。

「そのうちバレンタインデー?は?」って言う人が一揆を起こす。
男女問わず。

(松茸チョコがあまりにも気になって応募してみますた)

↑ごめん。
×「そのうち~」
○そのうち「バレンタインデー~」

松茸マジックにハマって、焦ってしまいました。
恐るべし。

「学校にチョコレートを持ってきてはいけません!」と
バレンタインを前に浮き足立っている児童生徒に
やたらと厳しく注意する先生は
たいてい少し残念なルックスをしている


都市伝説ですが。


子供が小学生くらいまでは
仲良しの子がいくつチョコをもらったか
母親たちの方が早く知っている。
息子がゲットしてきたチョコの数は、その母のPTA内の発言力にやや比例する。
さらに「うちの子、○個もいただいちゃって、お返しが大変~」
といっている母は
困った風を装いながら、実は自慢だ。

これまた
都市伝説ですが。

ミッチーに同じく
松茸チョコに釣られて やたらと伝説化してみました(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セットでお得。

もうすぐ100件に到達しようかというコメント欄を見ながら これはもしかすると『伯方の塩』メーカーから感謝状が届くかもしれん。 とニヤ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。