【お知らせ】 (通常記事はこの下です。)
ぷちろ~ぐ始めました。
ちっちゃいブログサービスです。
ぷちろ~ぐ

【カコの企画など】
帰ってきた24Hブログ - Saint Night はフィーバーしナイト! -
12月22日~23日 ⇒ 24Hブログ会場
24Hブログ - 愛はブログを救う? -
2007年9月1日~2日 ⇒ 最後の記事 ⇒ 総合案内所
心理テスト作りました。
ブロガーコラボですごい心理テストを作りました。
プライド判定心理テスト - あなたはぬらりひょん? それとも ざしきわらし?
【ペースト版ぷちろ~ぐ】
人気ブログランキングFC2ブログランキング
※ ご褒美をあげると悦びます。

 スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぷちブログろん

カテゴリ: 温泉ブログろん
ブログそのものに何か意味づけをしようというのはわりと男性的で、かつ既存のメディア的で、書いたりコミュニケーションを取ったりとかいう行為そのものに意味がある方がわりと女性的な、また、新しいメディア的な感じがします。
そんな風に考えると、ブログなんちゃらみたいにしてブログの格付けをしようというのは、格を持ったブログこそがすばらしいという前提に成り立っているという意味で、どちらかというと男性的な行為なのかなぁとも思ったり。いえ、男性的、女性的ってのはあくまで僕の極めて主観的な比較論であって、別に良し悪しではないし、誰もがそれにぴったり当てはまるというわけではないんですけどね。順位付けというのは程度の差はあれ男女問わず本能的に持ってる人間の性ですし。
楽しいところを探す嗅覚っつーか、手法みたいのを、こう、もっと、既存のメディア的な手法ではなくて、なんかうまいことできないかなと思う今日のぽこ様でした。(結論なし)

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

 出会いには常に感謝するべきと思います。(ブログろん)

カテゴリ: 温泉ブログろん
と、いうわけで。(どういうわけだw)

今日は、ブログろんです。なんとなくしたためてたやつです。

【関連カテゴリー】

 温泉ブログろん

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ブログ書き出すと、周りがライバルに見えてくることがあります。文章が自分より上手いとか下手とか、内容が面白いとかつまんないとか、ランキングが上だとか下だとか、人気があるとかないとか、比較すればきりがないわけで、そういう心が芽生えてしまうことは、ある意味人として自然なのだと思います。そういう思いをバネにして、人は成長するんだと思います。

でも、だからといって、そういう理由で、妬んだり、恨んだり、する必要は全くないんだと思います。そういう思いが芽生えてしまうことは、仮にあったとしても、全力で消火するべきだと思います。上にあげたようなことは、近視眼的にみると、自分にとって大きなことではあるんですけど、本当はそういう何かにおいて優れてるとか優れてないとかいう部分はその人の一部分でしかなくて、本当にその人を見たい知りたいと思う人は、そこに価値をおいてないのだと思います。

ライバル関係は、常に健全であるべきで、ある一部分でライバルであっても、その他の部分では、人として尊敬しあってないとライバルである意味はないのだと思います。仮に上のような競争に、運不運があったとして、運は、平等に巡ってこないから運なのであって、自分が不運であることと、人が幸運であることは、一切関連性がないのですから、恨む必要はないのだと思います。

これは一見、奇麗事に思えるかもしれないけど、合理性のある考え方だと思います。ブログは、受験競争ではないから、誰かが落ちる代わりに誰かが受かるというものではないですし。例えば、誰かが10位以内に入れば、確かに誰かは10位より落ちますけど、それは自分のモチベーションを左右する以上でも以下でもなくて、多少の人の出入りの差はあるものの、自分自身に大きく影響を与えるものではないですから、必要以上に捉われるべきではなくて、それよりもむしろ、純粋に人と人との関連性を楽しんで、励みにして、成長するべきだと思います。相互繁栄は成り立つのであって、そういう風にすべきだと思います。情けは人のためならず、なんだと思います。

だから、ブログを書いてる限りは、出会いに常に感謝すべきだと思います。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

人気ブログランキング FC2ブログランキング 

(ブログに限った話じゃなくて、リアルでもそうなんですけどね。)

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

 プチプチブログろん

カテゴリ: 温泉ブログろん
巷にはいろいろWebサービスが溢れてて、どうも煽られてるような気がして、日記を書かなきゃいけないとか、友達作らなきゃいけないとか、ブログサービス自体にもそういうところがあって、こう、自分を消費しないといけないような。使うのは自分たちであるべきで、やっぱり、どんな場所でも、自分は自分らしくありたいよね。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

 私を見て2(ブログろん・ブログとコミュニケーション)

カテゴリ: 温泉ブログろん
今日は、ブロろ~ぐ1周年顛末をお休みして、ブログろんをいきたいと思います。

【関連カテゴリー】

 温泉ブログろん

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

双方向コミュニケーションって言葉があります。communication って辞書で引くと「意思の疎通」みたいな意味も含まれてて、もともと双方向っていうことが前提になってるんじゃないかと僕は思ってるんですけど、英語のことがよくわからない僕は、少なくとも日本語として使われる場合、そうじゃないかと思ってるんですけど、社会に出ると一方的な意見の押し付けみたいようなのも多くて、そんな世知辛い世の中に警鐘を鳴らすような意味で生まれた言葉かもしれません。まぁ仕方ないから双方向っぽくしてやるよみたいな上目線の使われ方が多いからあんまり好きな言葉ではないんですけどね。

話変わりますけど、ブログ、書いたら見てもらいたいと思いませんか?

大勢の人に見てもらいたい記事もあれば、一部の人だけに見てもらいたい記事もあるし、なかにはたった一人の人だけに見てもらえればいい言葉もあります。で、どうしたらその見てもらいたい欲を満たせるかっていうと、その自分が見てもらいたいレベルに合った人だけに見てもらえたときが一番満足できるわけで、例えば超大勢の人に向けて書いたつもりの記事が一人二人にしか見てもらえなければ、それは全然満足できないわけで、逆に、自分の身近な人に向けて書いた記事が必要以上に多くの人の目に見られると、ちょっと怖くなったりもします。

もし、自分がブログを書くのに満足できてないときがあったら、自分の思いと来てくれてる人の間に何かギャップがあるときだったりするかもしれません。

例えば、まだブログを書き始めたばっかりで、闇雲に誰でもいいから見て欲しいいって思ってる時期は、実は、自分の見てもらいたい人が定まってなくて、なんとなく多くの人に見てもらいたいと思っててるのかもしれません。でも、できたてのブログを多くの人がなんとなく突然見に来ることはないわけで、結果、自分でもよくわからないギャップに苦しむんだと思います。自分がわかってないんだから決して埋めることができないギャップに。

逆に、ある程度読者がついてきても、今度はまた人間って欲深いもので、全体的には多くの人に見てもらいたいけど、常に大人数を相手に気を張ってるのも疲れるから、ときには一部の人にだけ見てもらいたくなったり、人気ブロガーがこっそり裏ブログをやってたりすることが多いのもそんな理由なんだと思います。自分が思うレベルときっちり一致することは少なくて、なかなか一筋縄ではいかないんですよどね。

それで、冒頭の話に繋がるんですけど、ブログをコミュニケーションツールとして使おうと思ったら、相手がいる以上は、自分も、相手を知る努力をしなければいい関係は築けないと思います。それは、相手にコメントを残すことも一つの方法だし、極論、相手のブログを読んで、ただ相手を知ろうとするだけでも立派なコミュニケーションになって、いつか信頼しあえる関係になれるかもしれません(もちろんお互いがお互いの存在をきちんと認めあっていないとそういう関係には発展しないと思いますが)。コミュニケーションの形は常に一つとは限らないんですが、双方で理解しあえる形でコミュニケーションを取り続けていかないといけないんだと思います。

コミュニケーションを取るってことは、実は、そんなに楽なことではなくって、ブログ上で絡んだり、コメントを残したり、メールやメッセージを交換したり、そんなちょっとしたことでも、これは書きすぎたかなぁとか、うまく伝えられたかなぁとか、一人でこっそり書いてるときと違って、悩むことも多くなって、そう、相手を知るってことは相手の痛みも知ることだから、コミュニケーションを取るってことはそういうことなんだと思います。楽しみも痛みを共有できて初めて、コミュニケーションと言えるのだと思います。

長々と書いてきましたが、コミュニケーションってのはあくまでも相手との関係性の中で生まれてくるものであって、常日頃、自分が心がけるべきなのは、自分を知ってもらうことだと思います。そこは遠慮しないで、自分のことをバーンって言っていいんだと思います。そういう風に自分を知ってもらいたいという思いは、必ずも、自分の傲慢、我儘ではなくて、自然な感情だと思いますし、むしろ、誠実に、そう思うべきだと思います。


そう、


こんなになってる「私を見て」と。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

(余談)
一昨日あげた記事で、僕がつなPのレスに対して2度目のレスを書いています。1度目のレスは、いうなれば、素っ裸でベッドに入ってきた女性に対して「寒いだろ、コーヒーでも飲む?」とか言っちゃうくらいきちんとコミュニケーションが取れてないレスであって、それに気づいた僕はあらためて2度目のレスをしてるわけです。今、あの何気ないレスのやり取りの中で静かな闘いが繰り広げられてます。よくわからない方のためにヒントを出しますと、キーワードは「斜め読み」です。つか、コメレス、気が抜けねーー!!

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

人気ブログランキング ← いつも
FC2ブログランキング ← ありがとうございます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

 あなたが見たい。(ブログろん)

カテゴリ: 温泉ブログろん
ブロろ~ぐ一周年に向けて、何かやろうかなぁとか、もうすぐその日が来ちゃうよなぁとか、「おっぱいお守り」があるから、それでいっかなぁとか、それにしてもおっぱいネタ3連発は流石にやりすぎだろうなぁとか、だって好きなんだもんなぁとか、そんなことを日々考えながら、今日はひさびさにブログろんを書いてみます。

えっと、ブログろん。ちゃんと書くのはひさびさなので、ひさびさに前置きを入れますと、ブログろんは、僕がただブログについて思ったことをここに書き留めるっていう、極めて自慰的なカテゴリです。オナニーです。いわゆるブログ論なんですけど、そんな大袈裟な、偉そうなもんじゃないよっていう拘りがあって、あえてひらがなで、ブログろんなんです。基本、色々ゆるいんです。パンツとかも。

旧ブログのブログろんはこちらの目次からどうぞ

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

さて、本文にまいりますが、僕は、ブロろ~ぐを運営してるだけあって、ブログが大好きです。書くのも好きですが、読むのも好きです。最近は、始めた頃と違って、他の仕事請けたりしながらなので、他の方のブログにコメント差し上げたりとかほとんどできなくなっちゃったんですが、もともとはコメントでの交流も大好きで、それから、陰でこっそりメッセージのやりとりをしたりするのも実は大好きだったりします。



BLOG IS MY LIFE!


(言い切った)


でも、ブログ、僕は、いわゆる有名人のブログやなにやら超凄め人が書くブログはほとんど読みません。別に面白くないとかそういうことではなくて、たまたま、あんまり興味がないので読みません。そういう凄めの人が書くブログと、普通の人の書くブログは、意味合いが全然違うと思うんですよね。巷では、Web2.0 とかの括りで、そういう凄げなブログがブログの象徴みたいに言われたりしてるんですけど、それは、僕からすると、たまたま、比較的、他の媒体よりもブログの方がやりやすかったって程度で、だから、たまたま、ブログっていうスタイルを選択したっていう程度で、ほんとは、一般人が楽しめる凄いブログの世界はもう一つ別のところにあるんだけどなぁって思って見てるんです。

で、そのもう一つのブログの世界っていうのは、ほんと、普通の人たちの世界で、面白い奴もいれば、格好いいやつもいて、教室の隅で数人でニタニタしながら若干特殊なワールドを作り上げてる奴らもいたり、有名人や凄げな人たちが非日常的な世界を素敵に演出してるとしたら、とっても普通の、日常的な、ごくありふれた、どこにでもある世界。
だけど、僕にとってみたら、今、目の前に現れてる、一見ありふれた、でも、実際に存在していることが確かに実感できるこの世界は、非日常の世界を片隅から覗くことよりも全然楽しいと思えるんです。沖縄や、九州にや、四国や、中国や、北陸や、関西や、中部や、関東や、東北や(どっか抜けてね?)、果ては海外まで(北海道含む)、ぜんっぜん遠くにいるのに、この世界に来ると、まるで前からの友達みたいに安心して話をすることができる超日常的な仮想空間。

だから、そんな普通の世界なんだから、ブログを書くときは、小難しいことを書く必要はないんだと思います。無理して超面白い出来事を書く必要はないんだと思います。普通に話せばいいんだと思います。日記でいいんだと思います。思うことを書けばいいんだと思います。
書くときは、考えるんですよね。こんなこと書いたら引かれるかなぁとか、格好悪いかなぁとか、むしろ、今日は、格好つけすぎかなぁとか、色々。それが普通。せっかく書くんだから、読む人に楽しんでもらいたいし、文章の怖さを知れば、不意な発言で人を傷つけてはいけないと思うし。
でも、それに必要以上に縛られる必要はなくって、やっぱり、まず、自分が楽しいと思えることを、自分が楽しいと思えるように、自分らしく書くようにするのが一番いいんだと思います。そう、僕は普通の世界にいる、ありふれた、わりとどこにでもいるタイプの、でも、世界にたった一人しかいない、



あなたの全てが見たい。


とか言ってみたりして。(ぽっ


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


おっぱいお守りの申し込みはまだまだ受け付けてます。


人気ブログランキング ← だから
FC2ブログランキング ← 全部見せてください。

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。